服用3日目

22日の夜から飲み始めて仕事にも行くことができている。

これは副作用かなと思うことは、眠たい、夜もしっかりと眠れるようになった。
深夜2時~4時までの眠れない時間が無いのが嬉しい。

仕事から帰って少し横にならないと足が動かない。

これ位かな。

今のところ良い感じに飲むことができているので良かった。
スポンサーサイト

TS-1治療

昨日病院の日だった。

初めましての先生。

これからの治療はTS‐1を飲むことになった。
リュープリン注射とフェアストンは続行。
ホルモン療法と一緒にすることで効果が上がるらしい。

ざっと先生が説明をしてくれて診察は終わり。
1週間、薬の量を減らして飲んで血液検査をして
問題無ければ正規の量にして飲むことになった。

診察が終わってから化学療法室で薬剤師さんの説明を
受けて帰った。
冊子と記録ノートをもらった。
IMG_0842.jpg


早速、昨日の夜から飲み始めました。
朝夕の2回。忘れないようにしないとね。

効果があると信じて飲もうと思います。

そして今日は、リュープリン注射と整形外科の診察。
婦人科受診。
婦人科は10年程前に主治医が紹介してくれた病院。
女医さんで話がしやすい。
子宮頚がん、体がん、内膜の検査をしてもらった。
筋腫は現状維持で問題なしでした。

症状

最近?もっと前から
気になる症状があるから書いておこうと思います。

去年、主治医に
胃でもなく食道でもないんだけど痞えれような感じと
違和感があると伝えると
口を開けて寝るからだ、、、という答えが返ってきた。

先月から痞えるような感じはそのままで
喉の奥、ずっと奥の胸の中がスースーとする感じが
あって嫌なかんじがする。

これって副作用ではないのかなと思い始めた

症状を文章に書くって難しいね

検査結果

PET検査の結果は転移だった。
これで4回目。

去年の5月のPET検査で転移と確定ができなくて
CT検査、超音波検査、超音波検査、CT検査、
そして今回のPET検査で確定した。

左鎖骨上窩リンパ節から縦核リンパ節が腫れている。
何となく覚悟はできていた。

これからの治療は新しい先生になる。
それも不安なこと。

新しい治療は、主治医と新しい先生とで話をしていて決まっている
ようなんだけど、教えてくれなかった。
どんな治療なんだろう。

落ち着かない日が続く。

珍しく揃った

今日は家族皆休みだった。
息子は土日は必ずバイトだから久しぶりに朝から揃った。
夫は夜勤だからお昼過ぎに寝れば大丈夫ということで
倉庫の掃除を手伝ってもらった。
明日は大安だからお雛様を出さないと。
今年はお雛様の飾り方を夫に教えておかないとね。
木の台の組み方から知らないだろうから。

家のこと、お金の管理、子供のことをそろそろ教えないと
いけないなと思い始めた。
うちの夫は、お金をもってくるだけね。
働いてくれるから感謝はしているんだけどね。
たまには家のこともやって欲しいと思うのよ。

日曜大工や家のメンテナンスも私がやっている。
工具も何処にあるか知らないだろうな。

教えてもできるのかな、これが心配。
そう夫は超が付くほど不器用なの。
だから私は何でも自分でやる方が早いのでやってしまう。
せっかちな私とおっとりの主人^m^

話がそれてしまった。

朝から息子が洗車をしてくれると言うのでお願いした。

↑に書いた通り早速、夫に金魚の水槽を洗ってもらった。

マロはお姉ちゃんに食べ終わったヨーグルトをもらってペロペロ。
IMG_0815.jpg
梅は、私の上着を敷いている(;一_一)
IMG_0789.jpg

こんな何もない日が続いてほしいな。

PET-CT検査

検査をしてきました。

疲れた~~

12時45分予約で1時間前に来るようにと言われているんだけど
検査前採血に時間がかかるだろうと更に30分早く病院に到着するようにした。

思った通り、採血に時間がかかった。
でも一度で成功(^^)

検査の液を入れて1時間安静。
検査をして20分休憩して帰った。

帰りは息苦しさがあって倒れないようにゆっくり歩いた。
電車は快速に乗らないで空いている普通に乗ったら
時間が倍かかったような、、、

駅前で買い物をしてクタクタで帰ると
デカイ息子が「腹減った~腹減った~」

急いでご飯を炊いてナムルを作って肉を焼いて準備をした。
疲れた時はビビンバが楽でいい。

明日は仕事だ。
結果を聞くまではモヤモヤした日が続く(>_<)
はぁ~~~ため息が出る。

心の教室

5日、娘のことで心の教室に行ってきた。

学校ではカウンセリング室のことを言います。

娘は、2週間前に担任とカウンセラーと三者面談の形が話しやすいだろうと
いうことでしました。

担任は私よりも若干若い?同年代?というかんじ。
カウンセリングの先生は30歳前後。
両方とも男性ですが優しい先生。

娘は学校でも家でも不安なことがあれば家に帰って爪を取ってしまう。
出血があるほど酷いものになる。
先生達も本人に聞くと「分からない」と言うので
根の部分から爪を取らない予防を考えていきましょうと言ってくれた。

この先も担任の先生とカウンセリングの先生が面談を
させてもらいますと言ってくれた。

家族構成や全ての事の話をした。
「私に原因があるんです。実は~」と乳癌の病気の話をした。
今回も、もしかして×の結果で娘には言えないということ、
知ってしまったら悲しい思いをさせてしまう、、、正直悩んでいる。
と私の気持ちも聞いてもらった。
涙を流さないようにこらえた。辛かった。

カウンセリングの先生は難しい問題なので慎重に考えましょうと言ってくれた。

娘はそんなに弱い子ではないと信じているけど嫌なことを口に出さずに
我慢をしてしまうタイプだから心配。
担任の先生も娘の性格を分かってくれているのが救われている。

次は娘のカウンセリングが終わって私のカウンセリングの日が決まる。

自分の病気も心配だけど娘の方がもっと心配。


ありがとう

今日は最寄り駅までAさんが来てくれてランチをした。
私が落ち込み悩むと話を聞いてくれて見守ってくれる
友達でお姉さんのような存在。
再検査が決まってから眠れない日が続いていた。
今日は、眠れそうな気がするよ。ありがとう


家に帰ると母から宅急便が届いた。
さんまの寿司
きっと心配して私の好きな物を送ってくれたんだろうな。
私だけでなく娘も大好きで1本ペロッと‘ごちそうさま‘
いつ食べても美味しいよ。
お母ちゃんありがとう。
IMG_0803.jpg

8割

やっとここまで キルティングは時間がかかる。
あれもこれも縫うので中々仕上がらない。

良い感じになってきた
IMG_0738.jpg